フラット35への借り換えを考えたときにすることとは?

来年にでもフラット35住宅ローンの申込みを考えている方は便利なボーナス払いを利用する前に必ず注意して下さい。
予期しない臨時収入をもうけた時にまとめて返す事が出来れば、一ヶ月あたりに返済すべき金額が減るので負担が軽くなるっていうしね!しかしながら、会社によっては特別収入が無いところも多々あり場合によっては多かったり少ない時も考えられます。
なので始めからボーナスも返済に入れている人の割合は、予想外に全体の40%程度しかいないのです。
それでもまとめて返済をしたいという方は、便利な繰上げ返済を利用してみると良いですね。
マイホームを購入する際は頭金が必要。
頭金は一切かかりません!という広告もありますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
その代わり、月々の返済額は膨らみます。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、やっぱり最初に頭金を少しでも支払うのがいいと思います(^^) 頭金の目安として物件価格の20%と言われていますが、住宅を買うとなると他の費用もかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。
家を購入する際に役立つのがフラット35住宅ローンです。
ローンの申請は、銀行や信用金庫などから行うことができます。
受付をするときは、銀行側に様々な資料を提出します。
やっぱり、長い期間と大量の現金を貸し出すのですから銀行側も年収や勤続年数にこだわって審査をします。
以上の事から、申し込めば確実に通る。
という風な単純なものではありません。
通過しなかったケースも多々ありますね! ありがちな基準は、勤続年数3年以上・年収は300万以上が最低の判断基準ラインと言われています。

フラット35への借り換えは損?徹底比較で検証! 【お得な銀行は?】