自分が交通事故の被害者側になった時に役に立つ保険は?

被害者側もまさかの時の交通事故に備える保険に入っておくことですね。
そんなケースが考えられます。
あなたは、保険に入っていますか。
!? そのため保険の契約をしていると言う人が殆どだと思います。
最初は「自損事故保険」についてです。
『自損事故保険』 この保険は、電柱にぶつかるなどして起こした自損事故の場合に使う保険のことを言います。
『搭乗者傷害保険』 これは交通事故により後遺障害が残ってしまった場合、またケガなどの治療費を支払ってくれる保険になります。
損害額に関係なく支払われる保険と言うことですね。
『人身傷害保険』 これは交通事故の落ち度が自分にもある場合とか、自分の落ち度分を担保してくれる保険になります。
しかし、担保してもらえるのは約款で決められている金額だけになります。
『無保険者傷害保険』 加害者側が任意保険に入っていない場合とか、損害の填補を要求することが出来る保険です。
その他にも免責条項により、任意保険を使うことが出来ない時にも利用することが出来ます。
それで契約者の18才の子供が車を運転していて交通事故を起こしてしまった場合においては、保険の対象外となります。
こういった場合には、便利な保険と言えます。
このような保険については、保険が自由化された事で、保険会社により様々な内容となっています。
自分が契約している保険証書で、内容を確認してみましょう。
FP無料相談でみんなは何を相談してる?【保険・住宅ローン・結婚費用】