高額療養費ってなあに?

国民健康保険では1ヶ月辺りの医療費における自己負担金額が高額になってしまった時は、国民健康保険の担当窓口へ行きます。
(笑顔)。
これが「高額療養費」になります。
ここで高額療養費を手続きした場合の一例について紹介しますね。
<70才未満の場合について>一般の人の自己負担限度額は、80,100円です。
※医療費が267,000円を超えた場合は、超えた分の1%が加算されます。
年収の基礎控除後の総所得が600万円以上の上位所得者の場合においては、自己負担限度額は150,000円になります。
医療費が500,000円を超えた場合、超えた分の1%が加算されることになります。
住民税非課税世帯の場合においては、自己負担限度額が35,400円になります。
※4回目以降の自己負担限度額は、一般の人が44,400円です。
※上位所得者が83,400円です。
※住民税非課税世帯が24,600円になります。
同じ世帯内で同月内に自己負担金額が21,000円以上を2回以上支払っている時は、それらの金額を合算します。
このようにして自己負担限度額とすることが出来ます。
<70才以上の場合について>一般の人の自己負担限度額は、外来の場合ですと12,000円となります。
入院と外来がある場合は、44,400円になります。
<世帯内に課税所得が145万円以上の人がいる人の自己負担限度額について>※外来の場合は、44,400円です。
※入院と外来がある場合は、80,100円です。
住民税非課税世帯の場合ですと、自己負担限度額は外来の場合が8,000円になります。
それと24,600円です。
保険貯金比較