消費者金融の規制緩和は?

消費者金融規制緩和とは何を狙ったものなのでしょうか。
2006年に成立し2010年に改正貸金業法が施行されました。
これは、返済困難者の救済を狙った金利上限20%、総量規制などが盛り込まれていました。
当時の消費者金融では、金利の上限を超えて融資を行っていたとして、過払い金を返金しなければいけなくなり、武富士や商工ファンドは破綻しました。
メガバンクの支援を受けることが出来た、アコムやプロミス、レイクは、銀行系カードローンとして生き残っています。
2012年の自民党の公約の中に、消費者金融規制緩和が挙げられるようになりました。
これは、2010年施行の改正貸金業法では、本当に困っている人を救えていない、中小企業が銀行からの融資を受けにくくなっているという問題の改善が必要になってきたのです。
アコム30日無利息